習慣を変えてしまうライフスタイルセラピー

希望の家 名古屋市

なんだか最近、うまくいかない…それがチャンスです!

いつものとおりにやっているのに、なぜか違う結果が出てしまう…
誰でも、このように感じる時があります。

頑張って生きていると、必ず、ぶち当たる壁。
頑張って、頑張って、力がふとゆるんだ時などに
漠然とした不安、恐怖がおそってきて。

でも、その「とどこおり」
実は、チャンスなのです!

一日に何役こなしていますか?

人間はこの現代社会で生きていくために、
無意識にいくつもの役割を演じてしまっています。
少し考えてみましょう。
あなたは一日に何役こなしていますか?

例えば、朝起きて朝食やお弁当を作るのは、母親としてのあなた。
会社に行けば、会社の人として。

人間の一生にはさまざまなステージがあります。
赤ちゃんから幼少期を経て。学校では生徒となり、卒業して、社会人として。結婚すると子育てして。そして孫が生まれ…

素の自分に戻っていますか?

たくさんの役割を終えて
素の自分が現れる時間を一日のうちに取れていますか?
本来の自分に戻ることのできる時間。

そもそも…素の自分ってどんなのだっただろう?

子供の頃(9歳まで)に思っていたことや、夢みていたことは?
あるいは、苦しかったことや悲しかったこと、なんだった?

本当は違う!ってどこかで思っているのなら…

一生懸命「現実を生きるために必要な人」になり
役割を演じている自分と、素の自分とのギャップがでてくる。

そうすると、人って苦しくなるんです。
本当は、フタをしている素の自分が出たがっているのですから。
自分が自分にウソをついてしまっている。

そうなると、うまく物事が進まなくなってしまうのです。
アクセル踏みながらブレーキ踏んでいる、というような状態です。

「そうはいっても現実は…」と誰でも思います。

しかし、その現実も実は自分がつくってしまっています。
じゃあ、どうすればいいの?ですよね。

現実を変えるために、まずはライフスタイルを変える

「朝起きて、まず何をしますか?」

これは、私が講演をおこなうときに必ず聞く質問です。
トイレに行く、顔を洗う、洗濯機のスイッチを押す…般若心経を読む、なども。
厳密に言うと、100名いたらおおよそ80通りほどでてきます。

さらに、次、その次、と考えると何パターンできるのでしょうか。おなじものはなさそうですね。

そして、気づきましたか?
実は、これが良く建築家が使う「動線」という言葉の意味なのです。

習慣は動線である。だから、動線を変えれば習慣が変わる。

あなたの動線はあなたの習慣を表したもの。
だとすると、習慣を変えるには動線を変えると良いのです。
この動線を変えるアプローチをしていくものがライフスタイルセラピーです。

ライフスタイルを見直して
住まいを整え、マインドを整えていく。

住宅やホテル、美容サロンの設計を20年間手掛けてきて感じるのは、人間はとっても環境に影響を受けている、ということは間違いありません。

住まいとマインドを同時に整えて参りましょう。

習慣を変えるライフスタイルセラピー 

本来の生き方(使命)に沿ったライフスタイルに変えることで、
自然な状態で持っている力を出せるようにようになります。

住まいを変えると住まう人のエネルギーも変わります。
ライフスタイルを見つめ直し、納得のいく生き方を見つけてください。
そして、おしゃれだけではない、オリジナルで素敵なインテリアを手にしてください。

こちらからお申し込みください。